LATEST
NEWS
NEWS
Walk on the Wild Side - vol.10「【Recipe】Reuben Sandwich」

ブルックリンパーラーのスタイルやコンテンツなどを
紹介していくコーナー<Walk on the Wild Side>。
今回はNYの定番ホットサンド「Reuben Sandwich」のレシピをご紹介!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

長引くステイホーム、外食が恋しい気持ちはありつつも
家飲み、キャンプ飯など、おうち時間やクッキングを
ポジティブに楽しんでいる方が多い様子。

こんなご時世なので、ブルックリンパーラーのメニューを
おうちで再現して楽しんでいただくのはどうだろうか?
ということで、今回はNYの定番フード「ルーベンサンド」をご紹介!
おうちでも作れるシェフ特製のレシピです。

ライ麦パンにコンビーフ、ザワークラウト、チーズなどの
具材を挟んでグリルした「ルーベンサンド」は
外はカリカリ中はトロトロの口福度の高いメルトサンド。
休日のブランチなどに最高ですよ。



<材料>
パン・・・2枚(ライ麦カンパーニュがオススメ、食パンでもOK)
Aコンビーフ・・・40g
⚫︎醤油・・・少々
⚫︎辛子・・・少々
⚫︎マヨネーズ・・・少々
Aトマトスライス・・・2枚
Aオニオンスライス・・・適量(15g)
Aシュレッドチーズ・・・適量(15g)
Aザワークラウト・・・適量(12g)
Aディルピクルスのスライス・・・適量(4g)
バター・・・適量
マスタード・・・適量
オリーブオイル・・・少量(サラダオイルでもOK)

<オーロラソース>
マヨネーズ・・・大さじ1
ケチャップ・・・小さじ1
和辛子・・・少々
ウスターソース・・・少々(リーペリンがオススメ)

<付け合わせ>
ハラペーニョ

【作り方】
①オーロラソースの材料を合わせ、先に作っておく
②コンビーフに⚫︎の材料を混ぜて下味をつける
③パンにバターとマスタードを塗る(片面ずつでOK)
④バターとマスタードを塗ったパンの面に、Aの具材を重ねていく
※チーズ→ピクルス→ザワークラウト→トマト→コンビーフ→オニオン→チーズの順がオススメ



⑤具材の上からオーロラソースをかけ、もう1枚のパンでサンドする
⑥フライパンを熱し、バターと少量のオイルを入れ、⑤をプレスしながら焼く
⑦こんがり焼き色がついたら裏返し、追いバター&オイルをしてもう片面を焼く



⑧フライパンからサンドをあげ、アルミホイルで包む
⑨トースターに入れ、5〜6分(中の具材が温まるまで)焼く
⑩サンドをカットし、付け合わせのハラペーニョとともに皿に盛り完成!



ポイントはフライパンでバターを含ませパンをしっかり焼くこと。
工程は多いように見えますが、
パンと具材を組み立てて、フライパンで焼いて
トースターで温めるだけと案外シンプル!

お店ではステックフリットのようなイメージで
山盛りのフレンチフライとともにご提供。
付け合わせのハラペーニョをかじりながら
むしゃむしゃ食べていただきたい一皿です。



おうちで作れる本格的なルーベンサンド、
ぜひお試しあれ!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
<Walk on the Wild Side>
vol.1 Brooklyn Style and Hamburger
vol.2 Brooklyn Parlor Ale
vol.3 French Fries
vol.4 Handmade Lemonade
vol.5 THE AMERICANS
vol.6 Back Ground Music
vol.7 Back Ground Music 2
vol.8 Gin and Tonic
vol.9 Banana-Brownie Parfait

OTHER
RECOMMEND
@ Shinjuku
営業時間および酒類ご提供に関するご案内(2021.6.21)
@ Shinjuku
Walk on the Wild Side - vol.10「【Recipe】Reuben Sandwich」
@ Shinjuku
営業のご案内(2021.5.31)
@ Shinjuku
営業のご案内(2021.5.10)
WORK WITH US
Shinjuku